スマホでご覧いただく場合には、上記メニューをクリックして好きなページからご覧ください。

・公務員試験心得
・公務員試験心得

公務員試験に3か月で合格するには条件がある。

2つの前提となる①無料を使いこなす②マンガ・ITをフル活用するは絶対に外せないポイントだ‼

4つのポイントについては、

試験まで時間的余裕がある人は②~③は気にしなくて良い。

<公務員試験2つの前提と4つのポイント>

~3ヶ月で公務員試験を突破するために~

前提①インプットは講義を使え‼

前提②マンガ・ITをフル活用せよ‼

~4つのポイント~

①過去問中心の勉強方法!!

(スーパー過去問ゼミやクイックマスターを使わない)

②勉強する科目をしぼる!!

③受験する試験をしぼる!!

④耳から暗記する!!(講義CDを使う)

 

~公務員試験合格のための2つの前提条件~

<前提条件①インプットは講義を使え!!>

ひと昔前と異なり、今では独学者であってもスマホやタブレットで格安で講義を聞くことができる。特に基礎科目(教養科目)は出題範囲が広すぎるため、資格スクエアやスタディサプリを使用して講義をひととおり聴くことで、スムーズに過去問演習に入れるぞ!!。

○資格スクエア

まずは無料登録をしてほしい。facebookアカウントがあれば登録も簡単に済むぞ。

資格スクエアの「公務員一次特化教養一ヶ月プランや「公務員一次特化専門一ヶ月プラン」」を申し込んで、1ヶ月で必要な講座をすべて受けきれば、あとはひたすら過去問を解くことで公務員試験に合格できる!!インプット用の参考書が不要になるため、5,000円をかけても安く済むぞ

○スタディサプリ

高校の定期試験や大学受験のためのサービスであるが、もちろん公務員試験の基礎科目(教養科目)においても威力を発揮する。月1,000円とかなりお手頃であることに加えて、今なら2週間無料で試すこともできるぞ!!こちらもまずは無料登録を行って見てほしい。

上記資格スクエアですら料金が高いと感じたらスタディサプリがオススメだ!!

○クレアール

通信教育が売りのに資格予備校。

上記2つのサービスに比べると料金は高いが、それでも他の予備校よりは格安の料金体系になっている。請求した資料の中には講義スケジュールが入っているため、それを見れば独学者でも予備校のスケジュールに沿った計画が立てられる。

ホームページで過去問の解説も行っており、特別区や一般職の解説が充実しているため是非一度覗いてみてほしい。

<前提条件②ITをフル活用せよ‼>

最近では論文試験を中心にkindle電子書籍が充実している。特に都庁の専門論文・教養論文・面接対策本は電子書籍でしか購入できないものが多い!!

お手持ちのスマホを問題集や参考書に変えるため、kindleアプリは是非インストールしよう!(kindle iOS版のリンクが作成できませんでした。iphone利用者はお手数ですが各自でインストールください。)

~公務員試験合格のための4つのポイント~

過去問中心の勉強方法
過去問中心の勉強方法

公務員試験において過去問が重要なのは多くの参考書やサイトでも主張されており、今さら詳しい説明は不要であろう。

 

しかし、3ヶ月で合格うするためにはスー過去やクイックマスターを解くわけにはいかない。スーパー過去問ゼミを全科目つぶせば公務員試験は誰でも受かる。しかし世間一般の大学生や社会人にはそんな時間はないはずである。

 

そこで、3ヶ月合格法では試験別の過去問(5年分)を勉強の中心とし、それで足りない部分のみ科目別問題集を使って補充するのだ。

勉強する科目を絞る
勉強する科目を絞る

公務員試験はすべてを合計すると30科目以上も勉強しなければならない。しかし、3ヶ月で合格するにはそんな暇はあるはずが無い。そこで、当サイトの勉強法では大胆に勉強する科目を絞ることとする。どの試験でも出題され、かつ効率よく勉強できる科目のみを厳選して勉強するのだ。

 

その科目については科目別勉強法で紹介することとする。

受験する試験を絞る
受験する試験を絞る

3ヶ月での勉強方法ではあれもこれも合格するほど公務員試験はあまくはない。よほどの天才でもない限りまず不可能であろう。そこで当サイトでは本気で受かろうとする試験を以下に絞る。(専門職の公務員試験は受けないことで、勉強の時間を確保する。)

 

 <特別区&国家一般職 受験>

このサイトの勉強法が最もハマりやすい、過去問から中心に問題が出題される試験。

特別区&国家一般職の過去問を勉強の中心に沿えることで、3ヶ月で合格レベルまで引きあげる‼

 

○この勉強法で受験できる公務員試験

特別区、国家一般職、地方上級ABC日程、国立大学法人、特別区経験者採用試験

・特別区(行政職)

専門試験が得意であれば特別区の受験がオススメである。詳しい勉強方法はこのサイトを参考にしてほしい。一次の試験科目を絞っても受かる可能性がある。また、教養論文の配点が非常に高く、マークシートの点数はここで簡単に逆転できる。

・国家一般職(行政職)

一次試験の専門科目の配点が高く、問題レベルも高い。しかし、行政科目や経営学のほとんどの問題は過去5年の問題と被っており、国家一般職独自の対策をすることで乗り切れる確率がグッとあがる。逆に、対策を怠ると実力者でも落ちる。

試験時間が長く、専門科目で英語も選びやすいため合格しやすい。

・地方上級A日程(横浜市除く)

各受験先によって試験科目等がかなり異なる。地方ほど倍率が高く厳しい試験となるため、基本的には大都市の受験をオススメする。大都市は一次試験の辞退者が多く、ボーダーラインも低い。2次面接の配点が高く、面接勝負の傾向にある。

 

EX.神奈川県、横浜市、千葉県、千葉市、埼玉県、埼玉市、各県警察事務etc...

 <東京都IA・IB&横浜市 受験>

教養(基礎)試験が得意であれば、東京都&横浜市の受験が望ましい。

このコースでは教養試験対策を勉強の中心に沿え、専門記述の対策を最低限に抑えて乗り切る‼

 

教養対策はこのサイトの勉強法で攻略し、

専門記述対策は下記のリンクを参照してほしい。

東京都の専門記述の過去問や、横浜市の一次試験の内訳も掲載している。

 

  ○都庁・横浜市を3か月で攻略する!! 

○この勉強法で受験できる公務員試験

東京都IA・IB、横浜市、地方上級ABC日程(教養のみの自治体)、国立大学法人、特別区経験者採用試験

・東京都IA・IB(行政職)

教養(基礎)試験が得意であれば、東京都の受験が望ましい。

教養(基礎)試験が得意であれば専門記述の勉強のみで受験することも可能だ。

また、年齢要件を満たせば東京都IAの受験も可能となり、チャンスが2倍になる。

詳しい対策は上記サイトを参照してほしい。

・横浜市

教養(基礎)試験中心の出題である横浜市は、東京都との相性が良い。

ただし、横浜市をメインにしてしまうと、専門レベルの知識を問われる横浜市の一次試験に歯が立たないことも多いので、必ず都庁も併願し、専門記述対策で広く浅く知識を補完すること。

・地方上級B日程(行政職、主に市役所)

各受験先によって試験科目等が異なる。自分にあった試験を選ぶと良い。

二次辞退者も多く、ある意味穴場の試験日程である。

2次、3次面接をC日程と被せる自治体もあるため注意が必要。

・国立大学法人

一次試験に専門科目がなく教養(基礎)のみで受験できるが、教養(基礎)で7割以上取らないと合格できないといわれており、厳しい試験である。東京都IBや横浜市との相性が良い。

<専門職(裁判所事務官、国税専門官、労働基準監督官)試験 受験>

・国税専門官試験

専門試験、教養(基礎)試験のどちらも苦手であれば、国税専門官の受験がオススメかもしれない。専門試験、教養(基礎)試験のそれぞれ5割取れれば一次通過の可能性がある。

ただし、最終合格の点数はそれなりに高いため、一次試験のボーダーがギリギリであれば面接か専門記述での逆転が必須である。

 

○国税専門官3ヶ月合格対策サイト(作成中)

④耳から暗記する!!(講義CDを使う)

このサイトで推奨するのは、講義CDを上手に使っての勉強方法だ。

日本史や世界史なども講義CDを使って流れをつかむのだ。

 

講義CDを上手く使いこなせるかが、3か月合格を大きく左右する。

<サイト内リンク>

<外部オススメサイト>

○都庁・横浜市を3か月で攻略する!!

都庁・横浜市に特化した対策方法を紹介しています。一般職等を受験せず、専門記述と教養の勉強で凌ぎたい受験生にはオススメです!!

○国税専門官に3ヶ月で合格!

国税専門官試験に特化した対策方法を紹介。国税特有の科目である商法の対策方法は必見である!!

○公務員試験対策室

勉強方法はもちろん、過去の試験を参考に合格の有無を判断できる得点計算室は独学受験生の強い味方になります!!

○地方公務員試験 独学合格者のための勉強法~とある高齢受験者の受験体験記~

27歳で働きながら県庁及び市役所に合格した受験生の勉強方法が参考になります!!随所にアニメのセリフを引用しており、見ているだけでも楽しくなるサイトです。

〈行政書士合格講座〉

○3ヶ月で合格行政書士

公務員試験に合格したら、ついでに行政書士にも合格しちゃいましょう!!試験科目がほとんど同じなので余分な勉強が不要です。

現役生なら模擬試験感覚での受験もオススメです!!