スマホでご覧いただく場合には、上記メニューをクリックして好きなページからご覧ください。

~数的処理・判断推理・資料解釈・文章理解~

数的推理は勉強中でも試験本番でも1問1問解くのに時間がかかる。そのために基本的には捨て科目とすべきであろう。数的判断を捨てる分、資料解釈・文章理解は絶対に落とせない。試験本番でも時間をかけて確実に解いていこう。

・数的処理(数的処理、数的理解とも言う)

数的推理は基本は捨て科目であるが、解き方のみ知っていれば簡単に解ける問題も出題される。よって、解き方さえ知っておけば解ける可能性の高い分野のみは攻略するのが得策といえる。ただし、くれぐれも深入りは禁物である。 自分には合わないと感じたらすぐに撤退すること。

 

① 『畑中敦子の天下無敵の数的処理!』を解く。

  (『畑中敦子の数的推理の大革命!』は数的が得意な上級者向け。)

  順番は魔方陣⇒流水算⇒場合の数⇒整数⇒確率である。

  残りは自分が解けそうな分野から解いていけばよい。

・判断推理

近年の公務員試験の傾向から、判断推理を全部捨てることは許されなくなった。

数的推理よりも取っつきやすい科目なので、一冊は問題集を潰しておこう。


初学者には『畑中敦子の判断推理ザ・ベスト』が一番良い。

 

① 『畑中敦子の判断推理ザ・ベスト』を解く。

・資料解釈

この科目は、ゆっくり解けば確実に正解できるものである。問題集ではテクニックで早く解く方法も記載しているが、ゆっくり解いて正解にたどり着くことに重点を置こう。 この数艇判断を捨てる受験生は、この科目でミスを犯すと命取りとなる。

 

① 『畑中敦子の天下無敵の数的処理!(2)数的推理・資料解釈編』の資料解釈編を解く。

・文章理解

この科目は、ゆっくり解けば確実に正解できるものである。しかし、本番ではゆっくり解いている余裕はないので、テクニックで早く解く方法を磨いておこう。

公務員試験文章理解のテクニック本は『文章理解すぐ解ける 直前ルールブック』がピカイチのできである。

 

時間的な余裕のある受験生は、問題の慣れとともに英単語を覚えておくとなおよい。

 

① 『文章理解すぐ解ける 直前ルールブック』の文章理解編を1章ずつ解く。

② 『速読・速聴 英単語 core』の興味のある分野を読み、単語を覚える。

<サイト内リンク>

<外部オススメサイト>

○都庁・横浜市を3か月で攻略する!!

都庁・横浜市に特化した対策方法を紹介しています。一般職等を受験せず、専門記述と教養の勉強で凌ぎたい受験生にはオススメです!!

○国税専門官に3ヶ月で合格!

国税専門官試験に特化した対策方法を紹介。国税特有の科目である商法の対策方法は必見である!!

○公務員試験対策室

勉強方法はもちろん、過去の試験を参考に合格の有無を判断できる得点計算室は独学受験生の強い味方になります!!

○地方公務員試験 独学合格者のための勉強法~とある高齢受験者の受験体験記~

27歳で働きながら県庁及び市役所に合格した受験生の勉強方法が参考になります!!随所にアニメのセリフを引用しており、見ているだけでも楽しくなるサイトです。

〈行政書士合格講座〉

○3ヶ月で合格行政書士

公務員試験に合格したら、ついでに行政書士にも合格しちゃいましょう!!試験科目がほとんど同じなので余分な勉強が不要です。

現役生なら模擬試験感覚での受験もオススメです!!