このページでは国家公務員試験や地方上級AB等の受験に上手くいかなかった方を対象に、一次試験が教養オンリーの試験で一発逆転するための勉強方法を公開します、

なお、試験によっては公務員の教養試験ではなく、SPIやSCOAなどの民間就職の問題が使用されることもあります。ご自身の受験される自治体がどの試験なのか、確認のうえで対策を行ってください。

<インプット>

C日程まで残ってしまったということは、教養試験の基礎力が不足している可能性が高いため、最低限の勉強方法ではなく全てをカバーする勉強方法を提案します。

 

インプットでも参考書を使って必要なところのみを拾うのではなく、資格スクエアの講義『一次試験特化(教養科目)』を使って全範囲を1~2ヶ月でインプットを済ませます。

 

もしお金をより安く済ませたい場合には、スタディサプリを利用しよう。月980円で大学受験の講義が受け放題になるぞ!!ただし、あくまで大学受験用の講義になるため、公務員試験において頻出でない部分を多く含まれるため、そこは過去問500などで確認してメリハリをつけよう。

<アウトプット>

アウトプットは、地方上級の過去問500(教養)を中心に沿え、足りない科目についてはスーカコやダイレクトナビを使用して補充していこう。

 

また、市役所独自の出題に慣れたい方は市役所上・中級過去問500(専門・教養)を使用しよう。

<面接対策>

一次試験は通るものの、面接で落ちていしまうという受験も多いと聞きます。

そうした受験生は、志望動機が甘い・人と話すのが苦手などの弱点があると思います。

 

志望動機の見直し、面接慣れをするには模擬試験を受講するよりも、民間企業の面接を受けてください。民間企業の面接を受けることで、なぜ自分は民間企業ではなく、公務員になりたいのかという志望動機が整理できると思います。なぜ公務員になりたいかは、民間企業と比べることが一番です。

 

なお、いわゆる大企業では面接にたどり着かずにES(エントリーシート)で落とされることが多くあります。また、夏以降のスタートでは銀行や大手メーカーの求人はほとんど皆無です。リクナビ・マイナビの登録を行い、興味のある業界の企業にエントリーしてみましょう。聞いたことのない企業でも、優良な企業が多くあることに驚くと思います。優良な企業を発見するためには会社四季報を使いましょう。投資家目線で記載されており、就職四季報よりも将来性等はわかりやすいです。

 

なお、既卒者の場合にはリクナビ・マイナビ等のサイトもよいですが、下記リンクの就業チャレンジがオススメです!!こうした就業チャレンジ事業は国や地方自治体の委託事業であり、いわゆるブラック企業は選ばれにくく、優良企業で働くチャンスです!!

  

<サイト内リンク>

<外部オススメサイト>

○都庁・横浜市を3か月で攻略する!!

都庁・横浜市に特化した対策方法を紹介しています。一般職等を受験せず、専門記述と教養の勉強で凌ぎたい受験生にはオススメです!!

○国税専門官に3ヶ月で合格!

国税専門官試験に特化した対策方法を紹介。国税特有の科目である商法の対策方法は必見である!!

○公務員試験対策室

勉強方法はもちろん、過去の試験を参考に合格の有無を判断できる得点計算室は独学受験生の強い味方になります!!

○地方公務員試験 独学合格者のための勉強法~とある高齢受験者の受験体験記~

27歳で働きながら県庁及び市役所に合格した受験生の勉強方法が参考になります!!随所にアニメのセリフを引用しており、見ているだけでも楽しくなるサイトです。

〈行政書士合格講座〉

○3ヶ月で合格行政書士

公務員試験に合格したら、ついでに行政書士にも合格しちゃいましょう!!試験科目がほとんど同じなので余分な勉強が不要です。

現役生なら模擬試験感覚での受験もオススメです!!